ブラウザの戻るを使用の事
MARK  卵:球状型
種名一覧表 (明石の蛾達+番外編)
開始:2007/02/14
更新:2016/09/25

☆ 種・和名のクリックで、その種のページへ ☆
 〈ヒント〉卵画像は、クリックで拡大します。
カシノシマメイガ 成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。

クリック 拡大
クサシロキヨトウ 成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたものですが孵化確認済みで有精卵です。

クリック 拡大
スジキリヨトウ 成虫 大きさ:約0.4mm
産卵場所:食餌植物の上方2m
       までの植物上

孵化確認済みで有精卵です。
同時期に松の葉上で孵化済み卵塊を多く見かけています。
クリック 拡大
オオバコヤガ 成虫 大きさ:約0.6mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたものですが孵化確認済みで有精卵です。

クリック 拡大
ケイギンモンウワバ 成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたものですが孵化確認済みで有精卵です。

クリック 拡大
ナカオビキリガ 成虫 大きさ:約0.7mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明で7日目。
右下は直後の様子(変色しなかったのは赤*印のもの
クリック 拡大
マエグロシラオビアカガネヨトウ 成虫 大きさ:約0.9mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたものですが孵化確認済みで有精卵です。

クリック 拡大
ハマオモトヨトウ
日本亜種
成虫 大きさ:約0.9mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。

クリック 拡大
オオウンモンクチバ 成虫 大きさ:約0.7mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。

クリック 拡大
ウスアオヨトウ 成虫 大きさ:約0.8mmほど
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。

クリック 拡大
ウリキンウワバ 成虫 大きさ:約0.6mmほど
産卵場所:食餌植物の葉裏

室内羽化した母蛾が産卵したもので無精卵です。

クリック 拡大
シロイチモジヨトウ 成虫 大きさ:約0.3mmほど
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
卵は母蛾の鱗毛で被われていたため少し解しました。
クリック 拡大
マメチャイロキヨトウ
日本亜種
成虫 大きさ:約0.5mm強
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたもので産卵3日後の状態です。
表面に凹んでいる部分ができています。無精卵かもしれません。
クリック 拡大
ウスチャヤガ 成虫 大きさ:約1.0mm弱
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたもので産卵3日後の状態です。
褐色模様の無いものは死んでいるようで産卵直後のままです。
縦方向に筋状の襞があります。
クリック 拡大
キイロアツバ 成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
クリック 拡大
オオアカマエアツバ 成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
クリック 拡大
オオタバコガ
日本亜種
成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
縦方向に筋状の小さな襞があります。
クリック 拡大
ハスモンヨトウ 成虫 大きさ:約0.6mmほど
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
クリック 拡大
ヨトウガ 成虫 大きさ:約1.0mm弱
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたもので産卵2日後の状態です。
褐色模様の無いものは死んでいるようで産卵直後のままです。
縦方向に筋状の襞があります。
クリック 拡大
カノコガ
日本亜種
成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:葉裏など

エノキの葉裏で母蛾の傍にあった。
食餌植物に産卵するとは限らないようです。
孵化確認ができていますので有精卵です。
クリック 拡大
クワゴマダラヒトリ 成虫 大きさ:約0.4mm
産卵場所:食餌植物の葉上

母蛾がアカメガシワに産卵中でした。
クリック 拡大
キハラゴマダラヒトリ 成虫 大きさ:約0.8mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させ孵化確認ができていますので有精卵です。
クリック 拡大
セスジヒトリ 成虫 大きさ:約0.6mm
産卵場所:不明

室内羽化した母蛾が産卵したもので無精卵です。
クリック 拡大
アカヒトリ
日本亜種
成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
卵は母蛾の体の鱗毛で覆われています。
クリック 拡大
スギドクガ 成虫 大きさ:約1mm
産卵場所:食餌植物の葉上

カイズカイブキに産み付けられていたものです。
卵は生育が進むと中央部に窪みができるものが多くあります。
クリック 拡大
ヒメシロモンドクガ 成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:不明(おそらく母蛾の繭近く)

飼育羽化した母蛾が♂を呼び寄せ交尾後に産み付けたものです。
卵は孵化確認済みで有精卵です。(当然ですが・・・)
クリック 拡大
ブチヒゲヤナギドクガ 成虫 大きさ:未計測
産卵場所:樹皮の割れ目などの窪み

沢山の羽化や交尾個体を確認したポプラに産み付けられていたものです。
卵は母蛾の分泌した白い泡状のものの中にあります。
クリック 拡大
カシワマイマイ
屋久島以北亜種
成虫 大きさ:未計測
産卵場所:樹皮の割れ目などの窪み

母蛾が止まっていたソメイヨシノに産み付けられていたものです。
卵は母蛾の分泌した白い分泌物に埋め尽くされていました。
クリック 拡大
マイマイガ
北海道道南・本州・四国・九州亜種
成虫 大きさ:未計測
産卵場所:不特定(どこでも)

街路灯の鉄柱に産み付けられていたものですが、無責任な母蛾はいろいろなところに産み付けるようです。
このため、孵化したばかりの幼虫は食べ物を探して放浪の旅を強いられています。
卵は母蛾の体の鱗毛で覆われて越冬に入ります。(この点では子想いなのだが・・・)
クリック 拡大
チャドクガ 成虫 大きさ:未計測
産卵場所:食餌植物の葉裏

ツバキの葉裏に産み付けられていたものを少し解してみました。
卵は母蛾の体の鱗毛で覆われています。鱗毛には毒毛が含まれていますので注意が必要です。
クリック 拡大
モンシロドクガ 成虫 大きさ:未計測
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
産み付けられていたものを少し解してみました。
卵は母蛾の尻毛で覆われています。
クリック 拡大
クロスジアオナミシャク
日本亜種
成虫 大きさ:約0.4mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
クリック 拡大
ホシミスジエダシャク 成虫 大きさ:約1.0mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたものですが、殆どの卵を産み落とした後のようで有精卵でしょう。
クリック 拡大
ハスオビエダシャク 成虫 大きさ:約0.5mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたものですが、この後に濃褐色になり12日目に孵化しました。
クリック 拡大
ムクツマキシャチホコ 成虫 大きさ:約0.8mm
産卵場所:不明

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
クリック 拡大
モンクロシャチホコ 成虫 大きさ:約0.8mm
産卵場所:食餌植物の葉上

ソメイヨシノの葉上に産み付けられていたものを孵化確認したものです。
クリック 拡大
オオトビモンシャチホコ
屋久島以北亜種
成虫 大きさ:未計測
産卵場所:食餌植物の枝

羽化した母蛾達を確認したクヌギに産み付けられていたものです。
卵は母蛾の尻毛で覆われています。
クリック 拡大
オオエグリシャチホコ 成虫 大きさ:約1.2mm
産卵場所:食餌植物の周辺

母蛾を捕獲産卵させたため有精卵かどうかも不明です。
左下枠内は母蛾がフジの下にあった草本の枯れ茎に産卵していたものです。
卵は純白の粉状のものに覆われており中は緑色でした。
クリック 拡大
クロホウジャク 成虫 大きさ:約1.2mm
産卵場所:食餌植物の葉上

ユズリハの新芽に産み付けられていたものです。
孵化確認済みで有精卵です。
クリック 拡大
ホシホウジャク 成虫 大きさ:約1mm強
産卵場所:食餌植物の葉上

ヘクソカズラに産み付けられていたものです。
既に孵化した卵殻と共にありました。
クリック 拡大
オオスカシバ
日本亜種
成虫 大きさ:未計測
産卵場所:食餌植物の上

クチナシの若い芽の根元に産み付けられていたものです。
このクチナシは、鉢植えの小さな木でしたが年3回丸坊主近くにされ敢え無く・・・・。
クリック 拡大
セスジスズメ
日本亜種
成虫 大きさ:未計測
産卵場所:食餌植物の葉裏など

カラーの花弁裏に産み付けられていたものです。
クリック 拡大
ホシカレハ
日本亜種
成虫 大きさ:長方向約1.8mm
産卵場所:食餌植物の葉上

ポプラの葉っぱに産み付けられていたものです。
孵化確認できており有精卵です。
クリック 拡大
カレハガ 成虫 大きさ:約2mm弱
産卵場所:食餌植物の幹など

ソメイヨシノの添え木に産み付けられていたものです。
クリック 拡大
タケカレハ
日本亜種
成虫 大きさ:約2mm弱
産卵場所:不明

飼育羽化した母蛾が産卵したもので無精卵です。
クリック 拡大
オビカレハ
日本亜種
成虫 大きさ:約0.8mmほど
産卵場所:食餌植物の枝

モモの枝に産み付けられていたものです。
枝を螺旋状に取り囲み固まって産み付けられています。
クリック 拡大
キマダラコウモリ 成虫 大きさ:約0.5mm弱
産卵場所:不変(空中散布産卵)

母蛾を捕獲産卵させたもので有精卵かは不明です。
・白と灰色は無精卵、黒色は有精卵かも?。
・母蛾は粘液を分泌しませんのでどこへもくっ付かずサラサラです。
クリック 拡大
コウモリガ 成虫 大きさ:未計測(とにかく小さい)
産卵場所:不変(空中散布産卵)

母蛾を捕獲産卵させたものですが有精卵です。
・母蛾は粘液を分泌しませんのでどこへもくっ付かずサラサラです。
・これで確認した産卵数の約半分、数も凄い。
・産卵後1日も経たずで孵化しているものもいる。これも凄い。
クリック 拡大