ブラウザの戻るを使用の事
MARK 明石の蛾達(+番外編)
2014年(後半)の羽化蛾達
開始:2014/07/27
更新:2015/01/31

☆ 画像のクリックで拡大、和種名のクリックでその種のページへ ☆
2014年  7月
クリックで 拡大
ズグロコブカザリバ
幼虫:(2014/06/29)・繭と蛹・ネムノキ
 06/25に明石公園で枝からぶら下がったクリーム
 色の幼虫を発見したがじっくり撮影のため機を
 伺っていると何時の間にか繭作りを始めてこの
 結果となった。

成虫:(2014/07/06)・♂(?)
 黒く長い縁毛のため翅端が黒く見えるが通常は
 隠しているようです。
クリックで 拡大
チャミノガ
幼虫:(2014/05/15)・齢不明・ベニカナメモチ
 05/07に上ノ丸にいたものです。
 おそらく終齢に近いと思われるが判断が難しい。

成虫:(2014/07/12)・♀
 実際は胸節より先の蛹が割れ剥き出しになって
 羽化完了し脚が無いので体の一部分を細めそれ
 を前後に移動させて動きます。
 蓑及び蛹殻の中をかなり自由に動けるようです。

≪お詫び≫ ♂との出会いがないためこの種は未登録です。
クリックで 拡大
カシワマイマイ
幼虫:(2014/06/25)・終齢・アベマキ・明石公園
 幹の窪みで休んでいたものです。

成虫:(2014/07/17)・卵(羽化した♀が産卵)
 07/15頃に羽化していましたが蛹から抜け出せず
 哀れな姿になっていました。
 飼育箱の上方で粗い目の繭を作りましたが蛹が
 柔らかい内に落下し歪んでしまったからです。
 実際は幹の窪みに体液で覆われており裸で見る
 ことはできません。
クリックで 拡大
マエウスモンキノメイガ
幼虫:(2014/07/11)・前蛹・キリ・明石公園
 本来の白っぽさに加えて増々白くなっているため
 白い天幕状の巣の中では存在が判り辛い。

成虫:(2014/07/21)・♀
 
クリックで 拡大
ニトベミノガ
幼虫:(2014/06/02)・蓑・アラカシ・明石公園
 本来は大き目に切り取った葉っぱを蓑の表面に
 張り付けられるのにこれはアラカシの花を利用
 している。
 左下にこの種の特徴である脱皮した頭殻を張り
 付けている。

成虫:(2014/07/23)・♂
 ♂は羽化後すぐに♀を探さなくてはならないので
 ケース内で暴れまわり擦れ気味になっている。
クリックで 拡大
ツマジロエダシャク
幼虫:(2014/07/12)・終齢・クスノキ
 06/19に捕獲した♀が産卵、06/25頃に孵化して
 最終的に飼育した4体の内の1体です。
 この頃のものは局所に褐色紋があるが全く無い
 ものもいます。居るところが緑の枝や葉っぱなど
 で保護色的に良いのであろう。

成虫:(2014/07/25)・♀
 同じ日に♂2体も羽化していた。
クリックで 拡大
クロホウジャク
幼虫:(2014/07/12)・終齢・ユズリハ
 06/23に明石公園で初齢?でいたものです。
 1体は糸でぶら下がりもう1体は葉裏に居ました。
 前回は終齢で緑と黒型になりましたが今回は
 2体とも緑型でした。

成虫:(2014/07/27)・♀
 しかし、前回と同様に♀と♂でした。
2014年  8月
クリックで 拡大
ウチスズメ
幼虫:(2014/06/26)・終齢・ポプラ
 06/02に明石公園で葉上と枝上に産卵されてい
 た卵を見つけました。
 葉上のものを数個持ち帰り孵化させたものです。
 その後の確認では葉上のものは無事に孵化して
 いましたが枝上のものは全て未だに孵化してい
 ませんでした。
 同じ母蛾から産卵されたはずなのですが謎です。

成虫:(2014/08/02)・♂
 
クリックで 拡大
ウスアトキハマキ
幼虫:(2014/07/17)・終齢・ザクロ
 06/29に上ノ丸で予備用として採取した葉の中
 で中齢の眠状態にまで育っていたのを見つけま
 した。
 実はギンスジオオマドガの卵が孵化していたの
 が食い付きが悪く様子を見ていて何とか一体
 だけ無事に生き残ったと安心していたのですが
 大きくなるにつれて疑問が・・・・。
 結局は卵か判り難い微小幼虫の形で予備用に
 着いてきたものと思われます。

成虫:(2014/08/02)・♂
 
クリックで 拡大
アカスジアオリンガ
幼虫:(2014/07/19)・終齢・アベマキ・明石公園
 1化(春型)の子供です。
 2化(夏型)の子供の形態を確かめたいのですが
 未だ出会えていません。

成虫:(2014/08/05)・♀
 夏型です。
 展翅の時に前翅端が閊えていたのか曲がって
 しまっていました。
クリックで 拡大
カキバトモエ
幼虫:(2014/07/20)・終齢・ネムノキ
 07/07に中齢で明石公園に居たものです。
 どちらも終齢ですが下側は初期の頃の大きさ
 です。
 根元近くの幹に降りて休む習性があるため飼育
 箱には枝を入れてその場所を作っておく必要が
 あります。

成虫:(2014/08/13)・♀
 これより先(08/08)に♂が羽化しています。
2014年  9月
クリックで 拡大
ヤマモモヒメハマキ
幼虫:(2012/06/14)・蛹・ヤマモモ
 代用品です。

≪お詫び≫ 終齢幼虫で捕獲していたのですが、幼虫態、
   蛹態共に撮影を怠りました。

成虫:(2014/09/03)・♀
 夏型です。
クリックで 拡大
シロモンフサヤガ
幼虫:(2014/08/27)・終齢→前蛹・ハゼノキ
 08/18に明石公園で亜終齢でいたものです。
 この後、瘤の中身(漆の有毒物?)を排出しス
 マートになる。
 そして木の皮に穴を開け潜り込み蛹化する。

成虫:(2014/09/13)・♀
 ♂♀の判断は蛹殻から行った。
クリックで 拡大
アカエグリバ
幼虫:(2014/09/01)・終齢・アオツヅラフジ
 08/27に朝霧台で亜終齢でいたものです。

成虫:(2014/09/15)・♀
 ♂♀の判断は蛹から行った。
クリックで 拡大
シロシタヨトウ
幼虫:(2014/06/14)・終齢・ハギ類・明石公園
 アブラムシでボロボロになったところに居たので
 思わず保護?した。

成虫:(2014/09/15)・♀
 ♂♀の判断は蛹から行った。
クリックで 拡大
ウスミドリナミシャク
幼虫:(2014/09/19)・終齢・イヌマキ・博物館横
 新芽の薄緑色の中にいるため非常に判り辛いが
 1匹見つかると目が慣れて次々と・・・。
 葉っぱの表面についていた微小な黒い粒を体や
 頭に所構わず付けている。
 これも擬態のつもりか?。

成虫:(2014/09/23)・♂
 これは既に蛹化を始めていたものからです。
 表面からでは♂♀の見分けは無理だが裏面から
 では一目瞭然です。
クリックで 拡大
クロスカシトガリノメイガ
幼虫:(2014/09/10)・終齢・エノキ・明石公園
 近縁種のスカシトガリノメイガの生態が判らない
 ので取り敢えずとお持ち帰りをしたのだが残念な
 結果となった。

成虫:(2014/09/26)・♀
 三日月紋の太さの違いが今一つかめきれていな
 いが・・・。
クリックで 拡大
チャノコカクモンハマキ
幼虫:(2014/09/19)・終齢・マメ科
 09/17に上ノ丸でいたものです。
 初めての幼虫ではなさそうだが初めての植物
 だったので念のためにで・・・・。

成虫:(2014/09/27)・♂
 
2014年 10月
クリックで 拡大
ナカオビキリガ
幼虫:(2014/04/27)・終齢・アベマキ
 04/22に明石公園で亜終齢でいたもの。
 脱皮後大きく変化しました。

成虫:(2014/10/23)・♀
 05/06には蛹化したが長い間待たされ羽化時期
 近くに・・・・。
2014年 11月
クリックで 拡大
ヘリグロヒメアオシャク
幼虫:(2014/10/18)・終齢・サンゴジュ
 09/19に捕獲した♀が産卵し孵化させた。
 食餌情報が不明だったが今年の春の出会いが
 役立った。
 時期的に幼虫態で越冬するものと思われたが
 室内で飼育したため順調に育ち蛹化した。

成虫:(2014/11/07)・♂
 同じく羽化までしてしまった。
クリックで 拡大
チャエダシャク
幼虫:(2014/05/16)・終齢・?ハギ・明石公園
 以前に出会っている幼虫(未羽化確認)と微妙な
 違いを感じたため異種を期待したのだが・・・・。

成虫:(2014/11/16)・♂
 体の一部が蛹から抜け切れず暴れて擦れきって
 しまった。
 明確な翅模様による確認はできていないが他の
 特徴などから本種に違いない。
クリックで 拡大
オオバコヤガ
幼虫:(2014/11/07)・終齢・アキノノゲシ
 10/07に捕獲した♀が産卵し孵化させた。
 広範囲の植物に対応できそうなのでこの時期に
 手近に入手できるもので育てた。
 時期的に何らかの形態で越冬するものと思われ
 たが室内で飼育したため順調に育ち蛹化した。

成虫:(2014/11/26)・♀
 同じく羽化までしてしまった。
 同時に♂も・・・。