ブラウザの戻るを使用の事
MARK 明石の蛾達(+番外編)
2012年(後半)の羽化蛾達
開始:2012/07/28
更新:2015/02/22

☆ 画像のクリックで拡大、和種名のクリックでその種のページへ ☆
2012年  7月
クリックで 拡大
クシヒゲシマメイガ
幼虫:(2012/05/31)・終齢・アベマキ
 05/28明石公園で亜終齢眠状態でいたものです。
 脱皮を控えアレチギシギシに仮営巣していたよう
 です。
 本来の巣は近くのアラカシのようです。
 終始集団行動をし単独では暮らせなさそうです。

成虫:(2012/07/02)・♀
 ↑とは別個体で、06/11巣ごと採取し06/17巣から
 蛹を取り出したものからです。
クリックで 拡大
ヤマモモキバガ
幼虫:(2012/06/12)・?齢・ヤマモモ・明石公園
 主葉脈に潜っていたものです。
 この後、主葉脈を出て葉っぱの先端で二つ折り
 した巣を作り切り離し地表に降りるようです。
 少し硬めの繭を作り蛹化しています。

成虫:(2012/07/10)・♂
 
クリックで 拡大
アカジママドガ
幼虫:(2012/06/20)・終齢・ヤマモモ・明石公園
 葉っぱを多重に巻いた巣を作り内側を食します。
 巣の片方は閉じられ他方は小さく開いています。
 これは糞を外に排出するためにです。

成虫:(2012/07/10)・♂
 
クリックで 拡大
リンゴツマキリアツバ
幼虫:(2012/06/29)・終齢・ソメイヨシノ
 06/25明石公園で亜終齢でいたものです。
 終齢迄の体色は薄黄緑色、頭の模様は変わら
 ない。

成虫:(2012/07/10)・♀
 
クリックで 拡大
コウンモンクチバ
幼虫:(2012/06/23)・終齢・フジ
 06/15明石公園で亜終齢でいたものです。
 前回飼育で食餌部位に疑問があったので再確認
 です。
 硬くなった葉っぱは食べません、柔らかい若葉
 のみでした。

成虫:(2012/07/12)・♂
 
クリックで 拡大
モンキクロノメイガ
幼虫:(2012/06/29)・終齢・ヤマブドウ・明石公園
 

成虫:(2012/07/13)・♂
 
クリックで 拡大
ウスアオリンガ
幼虫:(2012/06/29)・終齢・ニレ
 06/25明石公園で亜終齢でいたものです。
 終齢では急に頭が大きくなったようだ。

成虫:(2012/07/14)・♀
 
クリックで 拡大
ウスバミスジエダシャク
幼虫:(2012/07/01)・終齢・エンジュ
 06/18松ヶ丘で亜終齢でいたものです。
 背中の1対の瘤は休んでいる時は凸っているが
 動いている時は少し凹っている。

成虫:(2012/07/14)・♀
 
クリックで 拡大
ヨツモンマエジロアオシャク
幼虫:(2012/07/08)・終齢・ベニカナメモチ
 06/27上ノ丸で?齢でいたものです。
 体を隠しこの格好でいられると・・・・。

成虫:(2012/07/17)・♂
 06/27↑と同場所にいたものからです。
クリックで 拡大
クロホウジャク
幼虫:(2012/06/24)・終齢・ユズリハ
 06/20明石公園で亜終齢の緑色でいたものです。
 とにかく食欲が激しい、休む間もなく食べ続ける
 ため食料手配が・・・。

成虫:(2012/07/18)・♂
 
クリックで 拡大
クロスジキノカワガ
幼虫:(2012/07/10)・終齢・ポプラ
 07/06明石公園で亜終齢でいたものです。
 同所の別の木で06/22に3体採取していたが全て
 寄生バチに侵されていた。

成虫:(2012/07/18)・♂
 
クリックで 拡大
オオキノメイガ
幼虫:(2012/07/10)・終齢・ポプラ
 07/06明石公園で亜終齢でいたものです。
 クロスジキノカワガを採取した時、葉っぱに隠れ
 てついてきたものです。

成虫:(2012/07/19)・♀
 
クリックで 拡大
ヨツモンマエジロアオシャク
幼虫:(2012/07/10)・終齢・ヤマモモ
 07/10明石公園にいたものです。
 体を隠しこの格好でいられると・・・・。
 ↑のものとは見分けがつかなかったので・・・。

成虫:(2012/07/24)・♀
 
クリックで 拡大
チャノコカクモンハマキ
幼虫:(2012/07/14)・終齢・イタドリ
 07/11松ヶ丘にいたものです。
 いた植物から違う種を期待していたが・・・。

成虫:(2012/07/24)・♀
 
2012年  8月
クリックで 拡大
アカシマメイガ
幼虫:(2012/07/17)・終齢・カイヅカイブキ・上ノ丸
 塀の上に乗り出した茂みの下をうろついていま
 した。

成虫:(2012/08/02)・♀
 
クリックで 拡大
フタトガリアオイガ(旧:フタトガリコヤガ)
幼虫:(2012/07/18)・終齢・フヨウ・上ノ丸
 外形の他は標準のものと全く異なるものから
 です。

成虫:(2012/08/03)・♂
 白いのは野菜ジュースを含ませたティッシュ。
 大人しくしてくれなかったので与えています。
クリックで 拡大
フタクロボシハビロキバガ(旧:フタクロボシキバガ)
幼虫:(2012/07/26)・終齢・スイカズラ
 07/14松ヶ丘で採取したものに付いてきているの
 を発見した。
 葉端を折り曲げた巣を作っていて初めて気が
 付いた。
 幼い齢の眠状態だったが巣に隠れているので
 確認が取れにくい。
 蛹の頭には妙なボンボンが付いている。。

成虫:(2012/08/07)・♀
 
クリックで 拡大
カキアシブサホソガ
幼虫:(2012/08/01)・繭・カキ・明石公園
 潜葉していた巣から出て薄い膜の繭り表面には
 沢山のバブルと呼ばれる粒を付けています。
 バブルは繭と同じ体液でできているような感じ
 です。
 とすれば別の目的もあるだろうが余剰の体液
 を排出した結果とも思われる。

成虫:(2012/08/10)・?
 
クリックで 拡大
ネムスガ
幼虫:(2012/08/13)・終齢・ネムノキ・明石公園
 08/11前蛹状態でぶら下ったものがいました。
 体色が変わっていましたので再度探しました。
 巣には既に繭になったものが多く1体のみ見つ
 けました。

成虫:(2011/08/16)・♂
 これは既に蛹化していたものが羽化したもの。
クリックで 拡大
ビロードスズメ
幼虫:(2012/08/06)・終齢・スイレン・明石公園
 水鉢で育てられていたものに居たもの。
 葉っぱ1枚では足らずカラーで補った。

成虫:(2012/08/22)・♂
 地表で枯葉などを集め簡単な繭を作り蛹化
 するようです。
クリックで 拡大
フタテンオエダシャク
幼虫:(2012/08/16)・終齢幼虫・ネムノキ
 08/13明石公園で亜終齢の眠状態でいたもの。
 枝に衝撃を与えると糸でぶら下り降りてきた。

成虫:(2012/08/24)・♀
 小さ目の個体です。
2012年  9月
クリックで 拡大
ベニフキノメイガ
幼虫:(2012/08/26)・終齢・タイム・花と緑の学習園
 体色はホストとなっている植物によって異なるの
 かも?・・・。
 但し、前蛹では必ず赤褐色になるようです。

成虫:(2012/09/02)・♀
 ↑と同時に採取した蛹から羽化したものです。
クリックで 拡大
ワタノメイガ
幼虫:(2012/08/26)・終齢・アオイ・花と緑の学習園
 久しぶりなので思わず飼育してしまいました。

成虫:(2012/09/05)・♀
 
クリックで 拡大
ウラベニエダシャク
幼虫:(2012/08/19)・終齢・スイカズラ
 07/21松ヶ丘で予備用として採取したもので孵化
 していました。
 同所に居た越冬幼虫とは明らかに模様が異なり
 ます。(2012年5月を参照のこと)

成虫:(2012/09/08)・♂
 
クリックで 拡大
イラクサギンウワバ
幼虫:(2012/09/25)・終齢・セイヨウハッカ・上ノ丸
 民家の庭先の別名ペパーミントにいたもの。
 若齢から既に繭の中で蛹化したものまで。

成虫:(2012/09/28)・♀
 これは既に蛹化していたものからです。
 終齢の幼虫は10/06に羽化しています。
2012年  10月
クリックで 拡大
シロオビノメイガ
幼虫:(2012/09/25)・終齢・ケイトウ・錦城中学校
 摂食していた葉っぱの色によって体色が変わっ
 ていました。

成虫:(2012/10/06)・♀
 
クリックで 拡大
トビマダラメイガ
幼虫:(2012/10/01)・終齢・ハマヒサカキ・明石公園
 前回と同じ茂みに発生していました。

成虫:(2012/10/14)・♂
 
クリックで 拡大
ウリキンウワバ
幼虫:(2012/10/16)・終齢・トウガン・朝霧台
 後期形態に完全に変態していたものです。
 亜終齢で後期形態になっていたもの、終齢迄
 も前期形態を殆ど持ち込んでいるものもいた。

成虫:(2012/10/30)・♀
 これは、既に蛹化していたものからです。
2012年  11月
クリックで 拡大
ホウジャク
幼虫:(2012/10/19)・終齢・ハクチョウゲ・小久保
 オンブバッタと共に毎年現れる常連です。
 しかし大半のものにはヤドリバエの卵が体に
 くっ付いています。

成虫:(2012/11/13)・♂
 10/15に同所で捕獲したものからですが直ぐに
 蛹化したため、急いで↑を撮り直しました。
クリックで 拡大
ワタヘリクロノメイガ
幼虫:(2012/10/25)・脱皮直後の中齢・トウガン
 10/21朝霧台で採取した葉っぱに初齢で見付け
 たもので当初はウリキンウワバと思っていた。
 成長途中の撮影機会を見逃してしまっていた
 ため、これでご免!!。

成虫:(2012/11/16)・♀
 雌雄の見分けはボンボンの間の色模様だが
 表面からはかなり難しい。
 ♀は焦げ茶色で白い部分に大きく滲み出ている、
 ♂は黒く白い部分との境界は比較的明瞭。
クリックで 拡大
エゾギクキンウワバ
幼虫:(2012/11/05)・終齢・アキノキリンソウ・
    松ヶ丘
 最初はイチジクキンウワバと思っていた。
 これで見分けが付きにくく確認している極似種は
 イチジクキン、イラクサギンの3種になった。
 何とか見分け方を見つけたいものだ。

成虫:(2012/11/18)・♂
 10/29に同所で既に蛹化してたものから。
 これは特徴の銀紋が黒化している個体。

クリックで 拡大
イチジクキンウワバ
幼虫:(2012/11/05)・終齢・トウガン
 10/28朝霧台で中齢の眠状態でいたもの。

成虫:(2012/11/21)・♀