ブラウザの戻るを使用の事
MARK 鱗翅目 コブガ科 ナンキンキノカワガ亜科
ナンキンキノカワガ
≪学名:Gadirtha impingens
(明石の蛾達:458)
開始:2005/10/25
更新:2014/11/30


クリックで ♂

場所 室内羽化 年月日 2005/10/16
前翅長 約26mm 備考 ♀(幼虫から)
※大きさは、前翅長(前翅根元から翅頂まで)を優先的に採用しています。

明石市内(神戸市西区の一部を含む)での初出会い
場所 明石川沿い 年月日 2005/09/25
形態 幼虫(ナンキンハゼ) 備考  





成 虫
幼 虫
出現月 6〜越冬、2〜3月 食餌 シラキ、ナンキンハゼ
前翅長 開張寸:43-54mm 終齢寸 35mm
近似種 ーーーー 近似種 ーーーー
備考 年2化、成虫越冬、新設された亜科に移動(旧シンジュガ亜科)
繭・蛹:木の皮隠れの術を使い、盛んに音を出して威嚇する
成虫:♂は前翅が灰褐色で暗い紫褐色を帯び、♀は淡い灰緑色



参照 ♂、幼虫、繭、蛹